プロフィール

moriyu1956

管理人:moriyu
犬とおばさんの呑気な
暮らしを綴ります。

COUNT DOWN
CIMG9692_convert_20111011215452.jpg
せんちゃん ♂
家族になった日:2011.4.8
亡くなった日:2011.9.30

http://blog-imgs-88.fc2.com/m/o/r/moriyu1956/IMG_4305.jpg
なぎ ♂
保護した日:2013.12.17
亡くなった日:2016.1.21

script*KT*
History
08.8月以前の記事は

コチラ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ

カテゴリ
FC2カウンター
いつでも里親
ツリーコメント
donation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

犬との暮らし

元保護犬そら・りくと時々里親募集中ワンコとの生活

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2016.05.12 Thu 20:57
わたくしにしてはめずらしく、怒濤の勢いで卒ワン同窓会のブログをアップして
安心して一昨日からそらこに来てますよ〜。
IMG_6339-1.jpg


遊びじゃないですよ〜。

メインの仕事は草むしりとお墓のお掃除とお参り。
草むしり(笑)果てがないんじゃないか。。。というボーボーっぷりだ。


草むしりからの逃避は。。。

やっぱりワンズの散歩(笑)
IMG_6329-1.jpg

IMG_6330-1.jpg
キラッキラの海とピーカンの空とさわやかな風。。。。
全く伝わらない写真だ(汗)

そうそう。。。同窓会での人間とワンズの笑顔もキラッキラでしたね〜。


そして。。。ここからは長い文章です。
最後までおつきあい、宜しくお願い致します。

昨年の8月、このブログでもご紹介したてっちゃんとりゅうちゃんが相次いで天国に召されました。
同窓会の少し前のお話です。

K邸の大先輩・りゅうちゃん。
私がお手伝いを始めた頃には既にシニア犬だったけど、走れるくらい元気だったね。
IMG_4854.jpg

2年前くらいにK邸にやってきたてっちゃん。
IMG_4744.jpg

最後のほうは自由がきかなくなって、てっちゃんはフィラリア症状のお咳が
つらそうだったけど、ふたりともごはんはもりもり食べてたね。
きっと、ぴーかん晴れだった同窓会もお空から参加してたかな。

毎回とは言えないところが辛いんだけど、長時間K母が留守になる里親会の日の
留守番に行ってます。K母は帰って来てからも座る間もなくやる事満載。

子犬を子犬部屋に戻し。。。
猫さんを猫部屋にもどし。。。
ケージを車からおろして掃除して次に備えて新しいタオルを敷く、そして倉庫へ。。。
頑張った成犬組にご飯をあげて、散歩させる。。。
子犬にご飯をあげる
そのかたわら、洗濯機をまわし(子犬のちっこやリバースのブツが)。。。
里親会の備品をしまう。。。
ご寄付の品々をありがたく倉庫に収納し。。。
その合間には携帯に電話も。。。

その合間には私からの「今日はどうでしたかぁ〜?」の質問も。。。(汗)

ふぅ〜
Kさ〜ん、朝になっちゃいますよ〜。

で、いつもは一段落したらおいとまするのですが。。。

時には一緒にお茶することもあります。


(個人の方のブログからですが)2015年、茨城県は殺処分一位ではなくなったようです。
でも、少ない県の一位からしたら10倍というその多さは変わっていない。
でも、役所は胸を張るんだろうな。

「殺処分ゼロを目指して!」という言葉をよく聞くし、そうあって欲しいと願っては
いるけれど。。。

一朝一夕にできるはずもなく、行政と保護団体の意志の一致がなければ
実現は不可能なのだろう。

そして。。。

20年近い保護活動を実践しているK母の「今の」願いは。。。

せめて、なんとか、処分されるコ達を苦しまずに済む安楽死に。
参考
(K母談)
日々の犬猫のお世話、お見合い、お届けに加えて、様々な方法で行政と話し合い、
協力もし、提案もしているのに(その全てをしっている訳ではありませんが。。。)
まだ、茨城の現状、K母の願いはそこなのか。。。

動かない行政。
ガス室の現場に立ち会ってもらっても「苦しんでいません」と言い切る行政。
(苦しんでいる。。。と認める事は動物愛護法にひっかかる)
(K母談)

K母のその忸怩たる想い、胸中は察するに余りあるものです。


里親様をみつけてあげるのは無理だろうなぁ。。。という老犬も
「ここまで生きてきて、せめてその最後は穏やかに」(K母談)という想いで
K邸にやってくる。
参考


そして。。。

やはり、「本当の家族」の元へ送りだしてあげる事は難しく、
でも、K母のやさしいまなざしの中で生涯を終えるコも少なくありません。


そんな日々もある中で、先日の同窓会でのキラッキラしたワンズたち。
全てのワンズではありませんが、ちょっとだけその経緯やK邸での暮らしを知っている
私でもその幸せっぷりにふっと胸が熱くなる瞬間があるのでした。


ちょこっとでも想いを馳せていただけたらな。。。と「収容犬を救う会」・
「いばらきの犬と猫たちの日々」・拙ブログの再掲載になりますが

てっちゃん、盆太、けんちゃん

おなもみちゃん

千太

ふくすけ

レオン
ここには私のしらない名前もいっぱい。
レオン−2
レオンは里親様なら皆様ご存知、K母の片腕・まず里親希望様がコンタクトをとる
Fさんちで暮らしてました。

のぞむ

つばさ
私がはじめて見送ったK邸のコです。

ジジ

ごんべい
ご存知、幸せゲットのカイトは今や預かりボラのベテランW家へ。
最後の一枚にふくちゃんとチュしてるのは同窓会にも参加していた
ウキウキウッキーのウキちゃん。


少し前の話になりますが。。。

偶然、K母とFさんと私が猫部屋に揃いました。
K母はベッドに座り、Fさんと私は床に座り話し込んでいると。。。

そのうち、K母は横になって話しに参加。

そして。。。眠ってしまいました。

おぉ、Kさんも寝るんだ(笑)。。。と安心したわたし。

そ〜〜っと猫部屋を出て、Fさんに見送られて帰ってきました。
(あれからも起きて一仕事したことでしょう)


Kさんの健康はワンコのしあわせ。
ワンコのしあわせは元気なKさん。
さて、Kさんのしあわせは。。。

どうぞご自愛下さいませね。


同窓会の直後の静かなそらこで、いつか記事にしたいな。。。と
思っていた事を残しました。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

追:犬に偏ってますが(汗)、もちろんたくさんのニャンズも。。。です。
スポンサーサイト

Trackback URL

Top

Copyright © 犬との暮らし All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad