プロフィール

moriyu1956

管理人:moriyu
犬とおばさんの呑気な
暮らしを綴ります。

COUNT DOWN
CIMG9692_convert_20111011215452.jpg
せんちゃん ♂
家族になった日:2011.4.8
亡くなった日:2011.9.30

http://blog-imgs-88.fc2.com/m/o/r/moriyu1956/IMG_4305.jpg
なぎ ♂
保護した日:2013.12.17
亡くなった日:2016.1.21

script*KT*
History
08.8月以前の記事は

コチラ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ

カテゴリ
FC2カウンター
いつでも里親
ツリーコメント
donation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

犬との暮らし

元保護犬そら・りくと時々里親募集中ワンコとの生活

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2014.09.13 Sat 20:36
今回のカイトの脱走は首輪抜けという、いわば人間の不注意からだった。

パパとママの自責の念を思うと、その胸中は察するに余りあるものです。

しかし、今はとにかく「カイト無事保護」に向け、協力のお申し出を
感謝と素直な気持ちで受け止め、お力添えを頂きながら
自分たちの手で手放してしまった宝物は
自分たちで取り戻すぞ
とでもいうような想いと行動は
側で見ていて、時に痛々しくも感じた。

パパ。。。
何故か、パパの身に降り掛かるハプニング?、アクシデント?は
気の毒としかいいようが。。。。(苦笑)
でも、それらの事のどれか一つでもママの身に起こったとしたら、
ママの緊張の糸は切れていたかもしれない。
負のスパイラルに陥らなかったのは、一重にパパが一身に受け止めていたから
なのかもしれないと思うのです。
IMG_0444.jpg
マンション前から捜索をスタートすると、その存在を忘れてしまうくらい
帰って来なかったね。男の人の冷静さで、カイトが潜んでいるのではないかという場所に
足を運んでいた。
パパ、お疲れさまでした。
側にカイトを侍らせ、ゆっくり休んで下さいね。

ママ。。。
頭が真っ白で、何をどうしていいかわからなかったママが
諸先輩方の動きを見て、「あぁ、こういう事をしていけばいいのか。。。」
と考え、考えた事を皆様にお願いしていく姿は、カイトをどうしても
家族として迎えたい
。。。と奔走した、あのガッツ溢れる
ママになっていったね。
IMG_0445.jpg
(動き回るママをずっと、目で追うカイト)
カイトにとっても、W家にとっても過酷だった11日間。
嬉しいといっては泣き、やさしいといっては泣き、悔しいといっては泣き、カイトの
頑張っている姿を想像しては泣き。。。とビショビショ泣いてばかりいた
私とちがって、ママが私の前で涙を流したのを見たのは
わずか3回だった(その内一回は再会の涙)。
カイトがお家にもどり、みんなで祝杯をあげ、今までの話を語り合っていると
長男R太が言った。「ママ、毎日泣いてた。。。」
カイトに会えない1日が終わり、一人になったり、パパと二人になったら
涙を流しているだろうな。。。という事は想像はしていたけど
やはり、こうして耳にすると胸が詰まる。
IMG_0426.jpg
カイトを無事保護した時は、人目もはばからず滂沱の涙を流したらしいが(笑)
今まで、胸の中に溜め込んでいた、悲しい涙や、不安のなみだ、くやしい涙。。が
一気に嬉しい涙に変わったんだ。
泣け!泣け!!(笑)

11日間、本当にお疲れさまでした。
まだ、残務もあるけど、先の見えなかった捜索とは違って、週明けには
元の生活に戻れる。。。。よかったです。

R太、S太、Yちゃん。。。
お待たせしちゃったね。

ちょっと悔しい事があって、暗い夜に一人「カイトを探しに行く」と言ったけど
ママに止められ、パーカーに両手を突っ込んで、うなだれて家にもどって行く
R太の姿は忘れられないよ。
幼いYちゃんの面倒を見、自分に出来る事を一生懸命に手伝ってくれたね。
IMG_0432.jpg

クールなS太。お兄ちゃんのように喜怒哀楽を表には現さないけど。。。
私と二人でマンション前で待機してしている時。傍目には
手持ちぶさたに座っている少年に見えたかもしれないけど、
「寒くなって来たから、お家に入っていいよ」と言うと
「カイト、待ってるから。。。」って。嬉しかったよ。
IMG_0448.jpg

Yちゃん。。。
Yちゃんには、カイトがいなくなったという悲しい事に加えて
昼も夜もパパとママがいない。。。という寂しい毎日をさせてしまったね。
悲しくなっちゃって涙した日もあったみたいだけど
よく頑張ってくれました。Yちゃんの頑張りで、パパもママも一生懸命
カイトを探してあげる事ができました。
IMG_0438.jpg

諦めてはいけないということを
身を挺して教えてくれたパパとママとカイト。
どうか、誇りに思って下さいね。

そして、気がついてはいないかもしれないけど君たちの心は
カイト捜索の前と後ではきっと、強く、優しくなっていると思う。
これからも、カイトと楽しい思い出をつくっていってね。

ママのお父様とお母様
W家を支えて下さってありがとうございました。
家族の事とはいえ、日に日にやつれていくお嬢様を見ているのは
お母様の方に年齢の近い身として、同じ娘を持つ身として
身につまされるものでした。

W家の健康を心配し、まとめ買いして届けてくださった。。。
IMG_0461.jpg
(笑)
全てを飲み終わる事なく、カイトは無事W家にもどって来ました。
そして、残ったオ○ナミ◯C。いただいちゃいました(笑)

この11日間のご心労はいかばかりかと思います。
どうぞ、ゆっくり休まれて下さい。

そして。。。

カイト
IMG_0441-1.jpg
よく、戻って来てくれました。

人と車と見知らぬ地の恐怖と不安の中、五感を研ぎすまし
私たちが残した、わずかなヒントと風にのってくる匂いを頼りに
緊張の日々だったと思う。
対面した時のあの笑顔が、それまでの緊張と不安と喜びと安心をあらわしていた。

カイトをW家に送り出す時、もうスタートラインに立つ事はないよ。。。と言った。
9月9日は再スタートの日ではないよ。
家族の歴史は山あり谷あり。。。
W家にはどん底の谷だったけど、家族が一丸となって乗り越えた。
それが家族というものだよ。

これからも、家族といろいろな歴史を刻んでいってね。

そして、私の事を少し。。。

カイト捜索にあたり、地図の読めない方向音痴にとって
その地形は迷路のようだった。カイトの元預かりという立場で
W家や、協力してくださっている皆様をサポートしなくてはいけなかったのに、
役にたたないどころか足手まといになっているのではないかという
自己嫌悪の日々ではあったが。。。

「カイトは必ず無事に帰ってくる!」という
強い想いは1日たりとも揺らぐ事はなかった。
事故の事や不安な要素が頭をかすめた事がなかったとは言えないけど
それはカイトが、あのW家に帰って来ないはずがない!
いう想いを越えるものではなかった。

信じる気持ちは不安を凌駕するという体験をはじめてした。

そして、カイトが帰ってくる為のヒントを残し、気持ちを載せて
チラシを配る事だけが私にできる事だった。
IMG_0412-1.jpg


同じ事が自分の身に起こったら、そこまで信じ切る事はできないだろう。
不安に押しつぶされそうになるだろう。
だからこそ、今回の捜索に関わって下さった方々の励ましの言葉や
いたわりの言葉はW家にとって、私にとっておおきな力になりました。

最後までW家を支えて下さってありがとうございました。

(写真は全て保護当日ものです。)
















スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  2014.09.14. Sun 07:47 [Edit]
No title
v-238鍵コメさんへ
ふふっ。

メールでのお約束(笑)通り
ねぎらって下さってありがとう♪

うれしかったです。
From:boss URL 2014.09.14. Sun 09:15 [Edit]
No title
bossさま

お忙しいのに、ブログも更新してくださってて…(T_T)

ありがとうございます。

bossさんが居なかったら、私だけでなく、カイト家みんな、精神的に崩壊していました。

本当にありがとうございました。

まだまだお世話かけていますが、今日で、一段落しそうです。

チラシ剥ししながら、たまにこみ上げてくるのがあります。

ゴミ袋もって、グズグズ( ̄^ ̄゜)しなが、変な人だと思われているだろうな…と思いながら…足取りは軽いです!

本当にお世話になります。
From:チョコ&カイトママ URL 2014.09.14. Sun 13:10 [Edit]
No title
v-238チョコ&カイトママへ
終わりましたね。

念願の(笑)パパにも会えてよかったです^^

若いから体の回復は早いだろうけど
心が元に戻るのにはまだ時間を要するかもだね。
あまり緊張しすぎず、楽しく生活して下さい。

お疲れさまでした。
From:boss URL 2014.09.14. Sun 22:02 [Edit]
No title
カイト君が元気に戻ってきてくれて
本当に良かったです。
毎日お疲れさまでした。
お疲れのところ・・・と思い
コメントが遅くなり申し訳ございません。
これからも、カイト君がご家族皆様と
幸せに暮らしていけますよう。
お体ご自愛くださいね。
From:ゆず URL 2014.09.16. Tue 19:12 [Edit]
No title
v-238ゆずさまへ
ありがとうございます。

雨の日、日照りの日とご協力ありがとう
ございました。
F公園への珍道中は誰にも言えませんね(笑)

翌日はご主人さまにも1日中、途中経過を
入れてくださいながらの捜索、ありがとう
ございました。

N家の皆様こそ、ゆっくり休まれて下さいね。
From:boss URL 2014.09.17. Wed 20:14 [Edit]
Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © 犬との暮らし All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad