プロフィール

moriyu1956

管理人:moriyu
犬とおばさんの呑気な
暮らしを綴ります。

COUNT DOWN
CIMG9692_convert_20111011215452.jpg
せんちゃん ♂
家族になった日:2011.4.8
亡くなった日:2011.9.30

http://blog-imgs-88.fc2.com/m/o/r/moriyu1956/IMG_4305.jpg
なぎ ♂
保護した日:2013.12.17
亡くなった日:2016.1.21

script*KT*
History
08.8月以前の記事は

コチラ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ

カテゴリ
FC2カウンター
いつでも里親
ツリーコメント
donation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

犬との暮らし

元保護犬そら・りくと時々里親募集中ワンコとの生活

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2010.09.30 Thu 22:53
ひっぱって、ひっぱった法要の旅。
ついに最終回です。
ふぅ。。。


最終回2
今回、私は一回もシャッターを押さずじまい。

子供達も初めて会う親戚も多く、疲れたみたいだ。

そらりくも山のお墓や子供の頃に遊んだ神社、港、おかーさんの実家といろいろな場所に
行ったのに、わずかな写真しか残らなかった。そんな中でも一番撮っていた長男はフィルム派なんで。。。^^;



父方の叔父、叔母は既に皆、他界しているので全ての親戚が代替わりになった。

実家はもう5年も空き家。
父が倒れて、そのままこちらに居を移したので、実家の荷物の整理という仕事も残っている。

初めて、人一人を送るという事に携わっていろいろ考えさせられた。


まずは「暮らしを小さくする」を今の年代(50代どす。。。^^;)でやっておかなくては
という事。これ、60代以降になったらかなり難しくなって、子供に同じ手数をかけなくては
ならなくなる。取捨選択のパワーはかなり消耗するからね。

一年に一回はかなり物を整理するけど、翌年にはまた整理する物が増えている。
物を増やさないって、かなり難しい。
味気ない生活も嫌だしね。



そして、お墓の問題。
親戚のほとんどが東京や京都と遠いところに出てしまって、両親が墓守をしていたけど
これで地元にのこっている人がいなくなった。両親は毎朝、お墓参りをしていて
いつも綺麗にしていたけど、私の代(この先もきっと。。。)ではそれは無理。。。
ご先祖様、ごめんなさい。

自分達自身の事も。

おとーさんは次男坊なので分家初代となります。よって、今はお墓がありません。
グローパルに人が動いている時代。先祖代々のお墓、そしてこれからのお墓はどうなって
いくのだろう。
個人的には、生まれ育った海に散骨して欲しいなぁ。。。とは思っていますが。
遺骨でダイアモンドができるってのも見た事があったなぁ。



。。。。と、親というものは亡くなってからも学ばせ、考えさせてくれるものだ。




おっと、感慨にふけっている場合ではない!


法事の前一週間からおとーさんはカナダに出張でした。よって法事は欠席。
そして、私たちの帰宅とおとーさんの帰国が重なって。。。。

おかーさんに課せられた最後の仕事は。。。

最終回
山のような洗濯物でした(爆)



すでに、一週間以上も経ってしまって、そらりくは元気にフツーの生活してま~す(爆)
おつきあい、ありがとうございました。

                        


                        
            最終回4



スポンサーサイト

No title
最後の仕事は洗濯だったんですね(笑)
それも 凄い量だぁ~
親が亡くなると いろいろ考えさせられますね
両親は自分が30歳の時に亡くなったので わけもわからず後処理に追われていました
財産分与もゴタゴタしちゃって・・・
よーく生きてこれたなぁ~と感心!(笑)
そらりく海ちゃん お利口にお泊りしたんですね
ひめも いざと言う時 お泊りできないとなぁ
海ちゃん 泳ぎが上手ですねぇ☆
なにしても可愛いなぁ~(^0^)
From:ふりママ URL 2010.10.01. Fri 10:52 [Edit]
No title
v-43ふりママへ
やらねばならぬ事とはいえ、あの事後処理を
30代でやったんですね。ご両親もお若かったでしょうから
悲しみも深い中で頑張りましたね。

娘は「かいちゃんは可愛いのがお仕事!」と
宣っておりますです^^;
From:moriyu URL 2010.10.01. Fri 14:20 [Edit]
おーかーさーんーっ!!!
法要の旅、ふさわしい言葉かどうか分かりませんが<楽しかったデス☆
そしてお疲れ様でした!
一番最初の写真を撮ったのと、最後の洗濯物が
何かすっごく“行ってきーまーしーたーっ!!!”って感じがして良いですね!
いつか真似っこしちゃいます(笑)

そらりくかいさん達のいろんな顔も見れて
読んでいて本当に楽しかったデス♪
moriyuさんは、50代なのですね!
同世代位かと思ってました!

私は父を20代で亡くしましたが
あらふぉーに足を踏み入れた今は、
母の介護です。

ふるさとが離れていても、側でも
親を思い親が子思う心は変わらないですよね。
今日の記事は、何だか家族の大切さを教えてもらったような感じでした。
自分ができる親孝行を、精一杯したいと思います。
From:ゆんち URL 2010.10.01. Fri 20:07 [Edit]
No title
いろいろ大変な事、楽しかった事、洗濯物、山ほどですね!!
でもホント、荷物は少ない方が良いらしいね。ない方が幸せだとか。(執着もしないという意味もこめて)
私はお墓要らない~!散骨してほしい。そして、何かあった時に思い出したら、それでよし^^
From:バデラデママ URL 2010.10.01. Fri 20:15 [Edit]
No title
v-43ゆんちさんへ
50代なんです。
文章、若作りでしたぁ?。。。ヒヒッ

介護は先ずは看る人が元気でいる事です。
無理をしないで自分の生活も大切にして下さいね。
私はそらりくにいっぱい助けられました。
そらりくとの散歩やワン友達といる時は
頭がからっぽになって、気分を一新できました。

お母様、お大事にして下さい。

v-43バデラデママへ
お久しぶりでございます^^;
バデラデ家のパワフルなブログ、いつも
読み逃げしてま~す(汗)

タッケーさん、いつも楽しそうなこと。。。ふふっ

これからは狭い日本。お墓を持つという時代では
なくなるのかもしれないね。問題は先祖代々のお墓。
お墓の引っ越しってのもあるらしい。
えらい高額で、即ボツだったけど^^;

From:moriyu URL 2010.10.01. Fri 21:54 [Edit]
No title
きれいな海とのびのびワンズの画像を楽しませてもらいました。

僕の両親はともに他界していますが、妻の両親は健在で、
義父は脳梗塞をやって半身不自由していますが、元気にしてます。
親が元気なうちにやっておきたい孝行は後回しにしない!
これは僕の教訓になってます。
僕はまもなく60を迎えます。1週間があっと云う間で、
最近は時々いつまで元気でいられるのだろうと思うことがあります。
これは50台前半にはない感情です。
そんなことを考えつつ・・・・
ワンがいる生活は、豊かで、楽しいです!!!
From:葎楠パパ URL 2010.10.01. Fri 22:34 [Edit]
No title
v-43葎楠パパへ
楽しんでいただけてよかったです。

自分も親になってわかる事ですが、何かをしてもらえば
もちろん嬉しいですが、やはり家族が仲良く、元気で
暮らしている事が何よりの親孝行らしいです。

ストレスが一番からだには悪いようです。
豊かで、楽しい!と思える生活をされている葎楠パパ。
ファイト!(笑)

From:moriyu URL 2010.10.02. Sat 00:53 [Edit]
いちだいイベント
大変なお努め、お疲れさまでした。
海もあって山もあって、素敵な所のご出身なんですね。
私の田舎は海なし県(信州)なのであこがれます。

私も昨年、父を亡くし、1週間余り帰省しましが、
子供の頃通った学校や遊んだ田んぼなどをちゃぼと散歩したのが新鮮で、
そこに幼い頃の自分も映り、なんだか不思議な気持ちになりました。

人が亡くなるということは本当に大変なことですね。
私の実家は自営で、娘の私達姉妹は2人とも嫁に出てしまったため、
跡取りはなく、父は一代で築いた商売をやめる決心がつかないまま
病に倒れ、他界してしまいました。
そのため、お店はそのままになっていて、これをどうすべきかが、
これからの残された私達身内の宿題です。

特に私達夫婦は子供がいないため、もしものことがあったら、
甥や姪に迷惑をかけてしまうので、常々、物は増やさないように
やり残しのないようにと話し合っています。
が、そんな計画通りには人生を終えられないですし、一生の課題ですね。

かいくんの泳ぐ姿とってもかっこよかったです。
チワワも泳げるんですね。
釘付け常態で何度も見てます。
From:うんちょ坊主 URL 2010.10.02. Sat 07:22 [Edit]
No title
v-43うんちょ坊主さんへ
お父様、若くしてなくなられたのでしょうね。
父が86才まで生きられたと言う事は大往生と言って
いいのでしょう。

今は色々な生活環境で子供がいても、子供に
面倒を看てもらうという時代でもないです。
しかしながら、自分で墓穴を掘る訳にもいかず、
だれかに手数をかけるのはいたしかたないです。
せめて、そんな手数を減らしておきたいと思う
今日この頃。。。^^;

かいちゃんに釘付けですかぁ。。。^^
娘(かいのオーナー)が喜びますっ!
From:moriyu URL 2010.10.02. Sat 10:52 [Edit]
No title
おっ、やっとコメ再開だw
お疲れ様どした。
墓穴掘ってもいいのよ(爆
その発想に笑ってもうた。
涼しくなって平日ざくろも再開だね!
今週はどうかしら?
ぴんぽーん!
ぼ~す、あそぼぉ~♪
って行くねw
From:ももたママ URL 2010.10.04. Mon 07:56 [Edit]
No title
v-43ももたママへ
へへっ。コメントのお返事をいたします。

「では、さようならv-422」って
自分で棺桶の蓋をしめて死にたいの(笑)
でも、それじゃ終わらないしね。
死ぬって難しいわw

金曜日は例の所に行く予定なので
土曜日は「ま~た~ね~」って言いそう^^;

From:moriyu URL 2010.10.04. Mon 17:44 [Edit]
Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © 犬との暮らし All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad