プロフィール

moriyu1956

管理人:moriyu
犬とおばさんの呑気な
暮らしを綴ります。

COUNT DOWN
CIMG9692_convert_20111011215452.jpg
せんちゃん ♂
家族になった日:2011.4.8
亡くなった日:2011.9.30

http://blog-imgs-88.fc2.com/m/o/r/moriyu1956/IMG_4305.jpg
なぎ ♂
保護した日:2013.12.17
亡くなった日:2016.1.21

script*KT*
History
08.8月以前の記事は

コチラ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ

カテゴリ
FC2カウンター
いつでも里親
ツリーコメント
donation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

犬との暮らし

元保護犬そら・りくと時々里親募集中ワンコとの生活

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017.03.22 Wed 20:47
長年の懸案事項を解決しました。

ワンズのベッド代わりになっていたソファ。
ソファ
ぷっ。
W家のカイト君が写ってますね〜。
写真を捜していたら出て来たのでこの一枚を採用(笑)

布のソファなので、「やるぞ!」と意を決しないと出来ない毛だらけソファのコロコロ掃除。
処分したいなぁ〜というおもいがムクムク。。。

だけど、ちょっとした大きさがあるので。。。
ソファ3
こんなメリット(笑)もあるので思いとどまる事何十回。

それに、↓↓↓な事も考えなくては。。。

25年物のソファを処分した後はどうするのか?

コンパクトなソファを新調するのか?
一人がけのソファを新調するのか?
ワンズの休む場所はどうするのか?

あれはどうか?これはどうか?。。。と
「処分したいな〜」という思いがムクムクと沸き上がる度に頭の中でシュミレーション(笑)


で。。。


取りあえずソファを処分してみる(笑)

DSCN2636-1.jpg
LDにはダイニングセットとTVと空清のみに。。。ひろびろ〜〜♪


で。。。

こうなりました。

DSCN2638-1.jpg
アウトドア仕様(笑)

せっかく広くなったんだから、物を置きたくない。
でも、ちょっと腰掛けたり、物を置いたり(苦笑)する場所も欲しい。

アウトドア仕様の椅子(軽くて、折り畳めて、高さも変えられる)は
両方を叶えてくれました。

サイドテーブル?はこれまたワンアクションで折り畳める木製の脚立(笑)

なかなかいい感じ。


ワンズは。。。

ベッドを買おうか、ソフトケージを買おうか。。。とも考えたけど

丸洗い出来ないベッドは却下。

ケージには入らないそらりくなので(笑)却下(当然)

で、こうなりました。
DSCN2574.jpg
いたってシンプル(笑)

最初は戸惑ってたみたい(苦笑)だけど、みんな適当に場所確保してます。

夏になったら、長座布団もいらないかな?

そしたら、もっと広々♪


長年の懸案事項が解決致しました♪


おまけ:使った写真の記事に我が家に来て3ヶ月の骨張ったガリガリカイト君が。。。
今のカイトを知っている方はビックリなカイト君ですよ〜。
改めて、K母、W家の皆様、ありがとう。。。です!




スポンサーサイト
2017.03.19 Sun 18:35
おっと、スポンサーサイトが出てしまう一ヶ月が経過してしまうぞ(汗)

そら豆ファンのみなさま(笑)、ごめんなさい。

そら豆、元気です!
DSCN2445.jpg

そらりくとも仲良くしてます♪
DSCN2574.jpg
ひとえに、そら豆の犬徳のおかげです(苦笑)


実は。。。


3月11日、94歳になる母を看取りました。

人生の幕引きというのは、様々な状況によって本人の、家族の望む通りに
なるとは限らない訳ですが。。。

心不全の発作を起こした母の場合は施設が実施している看取り介護制度のお陰で、
病院に入院する事なく慣れ親しんだ部屋、人、声、音の中での穏やかな最期だった。
酸素マスク以外は一切の医療機器が入る事なく、TVドラマ等で亡くなった時の
象徴のように映し出される心電図モニターさえも。。。
あれ?いよいよとなったら運ばれてくるのかなぁ。。。などと考えてしまう
固定観念(苦笑)

旅立ちに向かう準備は機械に頼らずとも、ちゃんと段階的に体に現れる事も
看護士さんに教えていただいた。(人間の体の神秘を感じたものです)
そのおかげで、最初の一週間こそ動揺したものの
私も穏やかに見守る事ができた。

ドクター、看護士さん、施設スタッフの皆様の目と耳と手と心の助けを
お借りしたものの。。。

自分の力で自分の人生を生き切った。。。という最期でした。


これも、長年お世話にになりながら信頼関係を築いてきた方々がいてくれたからこそ。

看取り介護制度が始まって4年。
4年間で11人の方を看取られたそうですが、皆、同じような経過をたどっての
穏やかな旅立ちだったようです。

繰り返しになりますが、人生の幕引きは千差万別。
あくまで、私個人の体験です。
一つの体験談として、お役にたてたら。。。と記してみました。

ちなみに、私からドクターにお願いした事は年齢や病状を鑑み
延命治療をしない事。
痛い、辛いというおもいをさせない事。
でした。


連休明けからビシッとします(苦笑)

4月の川越里親会からそら豆、参加します!

どうぞ宜しくお願い致します。



2017.01.11 Wed 06:06

以前にも「引き取り屋」なるペットビジネスについて

取材・放映をしたNHKクローズアップ現代+

ペットビジネスについて追跡取材した新たなテーマを放映致しますのでお知らせ致します。

クローズアップ現代+

あなたのペットは大丈夫!?〜追跡
 ペットビジネス・遺伝病の闇〜


本日、1月11日(水) 夜10:00〜


拡散を宜しくお願い致します。








2017.01.09 Mon 12:56
IMG_6329-1.jpg

心機一転(?)、ブログのタイトルを変更いたしました。

リンクして下さっている方はお手数ですが

タイトルの変更をお願い致します。


Copyright © 犬との暮らし All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad