プロフィール

moriyu1956

管理人:moriyu
犬とおばさんの呑気な
暮らしを綴ります。

COUNT DOWN
CIMG9692_convert_20111011215452.jpg
せんちゃん ♂
家族になった日:2011.4.8
亡くなった日:2011.9.30

http://blog-imgs-88.fc2.com/m/o/r/moriyu1956/IMG_4305.jpg
なぎ ♂
保護した日:2013.12.17
亡くなった日:2016.1.21

script*KT*
History
08.8月以前の記事は

コチラ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ

カテゴリ
FC2カウンター
いつでも里親
ツリーコメント
donation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

犬との暮らし

元保護犬そら・りくと時々里親募集中ワンコとの生活

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2014.03.17 Mon 18:53
CIMG9692.jpg
へへ。「ときどきせんちゃん」と言う割には稀な登場のせんちゃん
皆様、ご記憶いただいてますでしょうか?(笑)

あれから3年目の春ですかぁ。。。
4頭なんて無理と思ったけど、せんちゃんがいいこだったのでいけてしまった。
なので、せんちゃんがいなくなってからも常時4頭です(笑)

なんか、ずっと前のような気もするし、ついこの間のような気もするなぁ
CIMG9823.jpg
ボールを追いかけて、すっ転んだり。。。
認知症ぎみで部屋の中をぐるぐるしたり。。。
目がよく見えないから、あわてて食べる鼻先のおやつ。。。
なんかかわいいじーちゃんだったよな〜。

突然現れて、介護生活もなくあっと言う間のさよならだった。

せんちゃん、そっちにせんちゃんそっくりなじーちゃんが行ったんだけど、会ったかなぁ。


民家の物置の側に行き倒れている犬がいるとK市役所に連絡があり捕獲された老犬。
その老犬は幸運にもK母に保護され
K邸にやってきたのが一年と少し前。
ご縁を願って。。。
幸せな余生を願って。。。望(のぞむ)
名付けられました。

望じいさん、せんちゃんにそっくり〜!
<せんちゃん>
CIMG9016.jpg
<のぞむ>
望
(著作権:NPO法人いばらきの犬と猫)
あら〜〜〜。こうして並べてみるとほんとそっくりだわね。

ボールを追いかけてすっ転びはしなかったけど、
「そらまま、いらっしゃ〜い」とお出迎えに来ては、若造どもに体当たりされて
腰砕け(汗)それでも、怒ることなく頑張って出迎えてくれたね。

お散歩をしたり、日向をさがして日向ボッコしたりしてたけど、
思いのほか、要介護になったのが早かった。
K母が長時間のお出かけの時は。。。
DSC05170-2.jpg
ふふ。添い寝してもらっちゃって、K母独り占め。

望2
(著作権:NPO法人いばらきの犬と猫)
ちゃんと生きてるか?と心配で何度も「のぞむ〜」と呼んで
まつげをツンツンとしてしまう。
ちゃんと生きてるか?と心配で何度も耳のそばで「のぞむ〜」と声をかける。

そこに来た◯ゅんちゃん(K母の娘さん)、「大丈夫ですよ〜。すやすや寝てますよ」

そっか。すやすや寝てるのか。
望の安眠妨害をしまくっていたわたしって。。。(汗)
それが8日の土曜日。

そして、11日の未明に望は天に召されました。
12日にK邸に行く予定になっていたので、K母と一緒にお見送りをする事ができた。
待っていてくれたのね。。。(と勝手に思い込む私)
DSC05497.jpg
ほら。寝てるみたいでしょ。

のぞむ、せんちゃんによろしく。
お散歩好き同士、いっぱい自由にお散歩してね。
のぞむ、ばいばい。またね。


せんちゃんも望もあのまま捕獲されたままだったら
飼い主があらわれないかぎり、殺処分は確実だっただろう。
CIMG8290.jpg
(せんちゃん)
どうか、生きられる命を抹殺されるワンコが一匹でも減りますように。

いばらきの犬と猫たちの日々3月6日の記事「ちいさな命、目指すものは。。。」も
合わせて読んでいただければと思います。
(記事へのリンクができないようだ)

K母さん、お疲れさまでした&ありがとうございました。


















スポンサーサイト
2012.10.01 Mon 20:02
どもども、せんちゃんです。

CIMG8648_20121001194110.jpg


9月30日はせんちゃんの一周忌でした。
せんちゃん登場のおかげで「むむっ。。。いけるかも。」といつしか定数4になった
我が家。

今でもつい、「せんちゃん。。。」なんて言ってしまって「◯◯でしょ!」って
言われてしまう。これって、愛情でしょうか?老化でしょうか?(苦笑)


さてさて、素人シャンプーでは手に負えそうもなかったのでかいちゃん御用達のサロンに
お任せした初めてのシャンプー。
こんなんなって帰って来て、Tちゃんに「売れない漫才師みた〜い」なんて
言われたっけ(笑)
漫才師せん

ふわっふわっのベージュだったふうちゃんはこう。
R0015991.jpg
かわいいねー。新しいお家でお兄ちゃん犬のビオラ君と仲良く、楽しく、元気に
してますよー♪


で、先日シャンプーコースをしてもらったカイトはこう。。。
DSC03209.jpg
う〜ん。ジェントルマン度があがったわ。


へへ。かいちゃんはこう。。。
DSC03210.jpg


トリマーさん、それぞれにナイスな選択だ!


あっ、ぽっつはこれでした(汗)
DSC01932.jpg
バンダナも付け襟も不可能だったんだわ。。。(爆)
(見えますか?小型犬用のピンクの髪留めがカラーに付いてます^^;)

それにしても、ぽっつ。。。。(滝汗)


せんちゃん、一緒に暮らした時間は短かったけど、おかーさんに大きな功績を
残していってくれたよ。

THANKS!








2011.11.20 Sun 15:10
どもども、せんちゃんです。

CIMG8648.jpg

49日を少し過ぎてしまったけど、今日、納骨してきました。


CIMG8630.jpg



おかーさんはせんちゃんの散歩道を歩くこともなくなって、
街の景色を車から眺めています。

ガリガリのせんちゃんに防寒のお洋服は必須。どれにしようかな?っていう
楽しみもなくなってしまったよ。

少しづつ、せんちゃんのいない朝には慣れてきたけど。。。
楽しかった6ヶ月は忘れないよ。

じゃ、バイバイ。またね。。。



火葬を依頼された犬、猫達をゴミ袋に入れて正丸峠に投げ捨てた
悪徳ペット葬儀屋の事件
を覚えてますか?

偶然にも我が家の先代犬そして、せんちゃんを供養していただいた霊園が、
この事件の被害者の方々の愛犬、愛猫の火葬、そして慰霊碑の場所を提供していました。

CIMG1344.jpg
石碑の裏側には沢山の名前がありました。
まだまだ、全てを収容しきれていないようですし、裁判も続いているようです。


土に還ってしまったコたちも、待っているコたちも、埋葬されたコたちも

どうぞ、安らかに。。。


2011.10.07 Fri 21:43
たくさんのお悔やみのコメント、メールをありがとうございました。

この記事をもって、コメントのお返事とさせていただきたいとおもいます。
手抜きでごめんなさい。
CIMG8290.jpg
考え始めたら、あれやこれやと不安いっぱいの中で引き取りを決意したけど
扉をあけて「おいで。。」って言ったら、体力も回復していないであろうに
ヨタヨタっと立って歩いて来てくれのが決意をより一層強いものにしたんだった。



CIMG8322.jpg
この方と上手くやっていけるかなー。。。。が一番の心配だったけど^^;

CIMG9016.jpg
おとぼけでKYちゃんかと思ったせんちゃん、なかなか空気を読んで、そらには近づきませんでした(爆)
おチビのかいちゃんにはしつこくして、怒られてたけどね。。。(笑)

CIMG8559.jpg
春より夏、夏より秋。。。と、こうして見ると、せんちゃんどんどん、若々しくなっちゃったねー。
やっぱり、刺激的生活がよかったのかしら。。。ぷっ^^


せんちゃんが来る前は、いくら何でも4匹なんて絶対無理!なんて思っていたけど。。。

いけた(笑)

CIMG0281.jpg
みんな、「せんちゃんはしあわせだったよ。」って言ってくれるけど。。。

何ひとつとして手が掛からず、おとぼけで、可愛らしかった老犬せんちゃんのおかげで、
せんちゃん以上に楽しくて幸せだったのは母だったね。


せんちゃん、おかーさんはすっかり寝ぼすけになっちゃったよ(苦笑)









2011.10.03 Mon 22:40
せんちゃん登場
せんちゃん登場2
こんなふうに突然、我が家の一員となったせんちゃん

9月30日、午前11:00。急性腎不全のため6日間の闘病を経て、
永眠いたしました。

現れたのも突然だったけど、いなくなっちゃうのも突然だね。。。


CIMG9701_20111003213543.jpg
延命の為ではなく、回復すべく主治医の先生も尽力してくださいましたが
「厳しい状況だね。」という言葉を受けて、5日目にお家に連れて帰りました。


CIMG9692.jpg
行き倒れの所を保健所に保護されたせんちゃん。どのくらい不安な日々を過ごしたかは知るよしも
ないけど、せめて最後は賑やかで、あったかい所で一緒に過ごさせてあげたかったからね。

連れ帰った翌日、体位変換の時にそれまでは首が座っていたのに、首が座らなくなった。
そのまま抱っこしてあげていた母の腕の中で、呼吸が荒くなる事もなく安らかに逝きました。


CIMG9162_20111003213520.jpg

ダッフィーにそっくりだーーーと盛り上がった日。

ボールが好きなんだーーーと発見した日。

まっすぐに楽しそうに歩く散歩。

ボールを落として慌てる姿。

夜が明けましたよーーーとベッドサイドで母の起床を待つ毎日。

CIMG0278.jpg

たくさん会う機会はなかったけど、そらりくのお友達も駆けつけてくれました。

涼しくなったら、老犬同士で「ぽんせん」コンビを組もうと言っていたぽんちゃんも
会う事もなく2週間前に亡くなって、天国で探しやすいようにと棺に入れる写真を添えてくれました。

みんなのおかげで、せんちゃん、お花に埋もれて旅立ちました。

そらもバイバイして。
CIMG0288.jpg

りくちんもね。
CIMG0289.jpg


せんちゃん、思いもかけない短い時間だったけど、
楽しい日々をありがとう。

CIMG0304.jpg

また会う日まで、バイバイ。。。またね。

せんちゃんがいなくなってから、おかーさんは無粋な目覚まし時計で起きてるよ。。。。
 










Copyright © 犬との暮らし All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad