プロフィール

moriyu1956

管理人:moriyu
犬とおばさんの呑気な
暮らしを綴ります。

COUNT DOWN
CIMG9692_convert_20111011215452.jpg
せんちゃん ♂
家族になった日:2011.4.8
亡くなった日:2011.9.30

http://blog-imgs-88.fc2.com/m/o/r/moriyu1956/IMG_4305.jpg
なぎ ♂
保護した日:2013.12.17
亡くなった日:2016.1.21

script*KT*
History
08.8月以前の記事は

コチラ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ

カテゴリ
FC2カウンター
いつでも里親
ツリーコメント
donation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

犬との暮らし

元保護犬そら・りくと時々里親募集中ワンコとの生活

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017.05.22 Mon 16:12
ブログでそら豆の普段の生活を綴ってきましたが。。。

やはり、目の見えないコが「普段の生活に支障はありません」と言われても
普段の生活ってどんなものなのか。。。

そらりく家の生活を見ていただいて、トライアル前に少しでも安心していただけたら。。。と
家庭訪問を実施いたしました(笑)


ピンポーン♪

ドアを開けると、里親会では何度もお会いしているY様。

そのY様が我が家の玄関に。。。。(笑)

なんか不思議ですよね〜〜〜とご挨拶の後は。。。

そらちゃんの取扱い説明を(苦笑)

いらっしゃ〜い♪の歓迎(汗)
DSCN3426.jpg

DSCN3427.jpg
だよね。。。(苦笑)

DSCN3430.jpg
落ち着いてご挨拶ができたそら豆は。。。
しょっぱなからこの甘えっぷり♪

おいおい!
そこの茶色いの!(苦笑)

お話をしている間のそら豆。。。♪
Y様が呼んだと言う訳ではないのに。。。
ここへ。。。
DSCN3441.jpg

そして。。。

DSCN3451.jpg
この後、寝落ち。。。(笑)

ちゃんとドアに向かって行ってご挨拶できるそら豆。

アチコチとぶつからずに(笑)、室内を歩くそら豆。

呼べば声のする方に寄って来るそら豆。

何度、Y様から「すご〜い」「おりこうさん」と言われたでしょう(笑)

エッヘン!by soramame(笑)

お話の中で。。。

実は、パパさんが今までもねこかつカフェを訪れたり、いろいろな所の里親会に出かけたり
の動物好き。でもママさんは「会ったら飼いたくなってしまう。環境が整っていないのに。。。」と
同行を拒否(笑)していたようです。

DSCN3436.jpg

で、あの日(1月の川越里親会)もパパさんに誘われ、じゃあ。。。と出かけられ

そら豆に一目惚れ!(ママさん談)

あぁ、目が見えないんだなぁ。。。とは思ったけど
かわいい〜〜♡って思って下さったようです。

ママさん、お目が高いです!(笑)

DSCN3438.jpg
知ってか知らずか。。。なんか不気味な笑顔(爆)

そして。。。

その日から毎日ブログをチェックして、まだ決まってない。。。ホッ
だったようです。(それから、毎月そら豆に会いに来て下さっていました)

なぜなら。。。

3月いっぱいで職場がご自宅から離れた所に移転する事になり、
別の職場を紹介してあげるという申し出をお断りしての。。。

4月23日の川越里親会

Y様「こんにちは」

S母「あ〜〜〜、こんにちは〜♪」

名前もしらない顔見知り(笑)

Y「3月いっぱいで仕事、辞めたんです。」

S「えっ!え〜〜〜〜〜〜っ!」

Y「なので、今日はそら豆ちゃんのお申し込みに来ました。」

S「えっ!え〜〜〜〜〜〜〜〜っ!」

って、それしか言えないのか!(苦笑)

それから、K母のところに走って行ったのは言うまでもありません(笑)

まめママさん、保健師さんです。
保健センター(地域によって名称は違うと思いますが)にお務めの頃は
捕獲された犬の鳴き声をいたたまれない思いで聞き乍らお仕事をされていた
時期もあったそうです。

そういう事もあって、保護犬・猫への想いがあり、「目が見えない」という事は
「かわいい〜」という想いを越えるものではなかったようです。
DSCN3508.jpg
へへ。。。
預かりブログもちょっとだけ背中を押すお手伝いができたようです。

パパさんのご実家でワンコを飼っていて、二人のお兄ちゃんの小さい頃は
ワンコと一緒に育ったようなもので、そのワンコが亡くなる時はご実家に泊まりこんで
看取られた事。

家族で山や川。。。アチコチに出かけられていた事。

等々、仲良しなご家族が思い浮かばれるエピソードもお聞きする事ができました。


それから、一緒にお散歩にお付き合いいただいて。。。

DSCN3466.jpg

DSCN3474.jpg

リードを持っていただいて。。。
DSCN3484.jpg

DSCN3481.jpg
またまた、そら豆、絶賛されたのでありました。

エッヘン!by soramame


4日後にお届け。
DSCN3524.jpg

サロンで(笑)シャンプーフルコースで磨きをかけて。。。
DSCN3528.jpg
準備万端整えたそら豆でした。


DSCN3458.jpg

DSCN3452-1.jpg

DSCN3453.jpg

かいちゃんのちからを借りなくても、いいお話になる予感♪


<お届け編に to be continued>





スポンサーサイト
2016.06.22 Wed 11:48
ちいさな力を集めよう。。。の呼びかけがいばらきの犬と猫たちの日々でもありましたね〜。

第一歩はこの問題に関心がある人がたくさんいるという事を
知ってもらうことかな。。。って。

投稿して下さった方の情報もチラホラ。。。(笑)
DSCF6418.jpg

難しく考えずに。。。

_MG_7142.jpg

「収容犬を救う会」や「いばらきの犬と猫たちの日々」のブログや
お友達ブログを読んで感じた事を気軽に書いたらいいのかな。

_MG_6886.jpg


なぜ、同窓会の写真を添付しているかと申しますと。。。

私の第二弾は。。。(笑)


来年の同窓会に取材に来てくださ〜いって。
(もちろん、こんなお調子者の素振りは見せませんでしたがね。。。^^)

_MG_6891.jpg


この世の中にはなかったかもしれない輝いている命を見て下さいって。

里親になるという選択肢を選ぶと
それは、まだレスキューされるのを待っている犬達の生きる道に繋がるんですよ〜って。

その選択肢を知らない人に届けて欲しいんですよ〜って。


IMG_6955-1.jpg
これは私に初めて里親になるという制度がある事を
教えてくれた新聞記事です。
2007年12月9日 東京新聞の埼玉版です。

ルーちゃん(14歳で逝ったヨーキー)が亡くなったら次は絶対に里親になる!って
言ったら、ルーちゃんまだ生きてるのにかわいそう。。。てTちゃんに非難されたっけ(笑)

今の状況(4匹)を考えたら、別にその時に迎える事もできたわね(爆)
(その時は多頭飼いなんて頭をかすめもしなかったわ)


繰り返しになっちゃうけど。。。

第一歩はこの問題に関心のある人がたくさんいるという事を
知ってもらう事だと思います。

因みに。。。

第三弾は。。。(笑)

里親会を取材してもらうってのはどうかな?


NHKへの投稿はこちらの投稿フォームからお願い致します。














2015.04.03 Fri 21:01
朝もやけむるそらこ地方に別れを告げて。。。
IMG_3508-1.jpg

せんちゃんロードのさくら〜♪
IMG_3539-1.jpg
あらら。
そらちゃん、凛々しいわ〜(苦笑)

あらら。
りくちん、後ろ足、踏み外さないでね〜(苦笑)

せんちゃんロードの上の土手のさくら〜♪
IMG_3544-1.jpg

土手で時々会う。。。
IMG_3531-1.jpg
お母さんなコリーらしい。。。
飼い主のおじさん
「似ても似つかねーけどよ〜(笑)」って。。。
「父親がわかんねーんだよ」って。。。

伏せをして待ってくれるんだけど、フレックス君、はしゃぐとおじさん制御できないからか
近づかせてくれません(苦笑)
はしゃぐ素振りはまったくない、おとなしいコなんだけどね〜。

ざくろのさくら〜♪
グリーンの鉄橋、懐かしいひと〜、手を挙げて〜(笑)
IMG_3523-1.jpg

阿須も回ってみようかね〜

しだれ桜の通り。。。
IMG_3558-1.jpg

いつものスポット(苦笑)
IMG_3577-1.jpg

やっぱり、このスポットは遠くまで見渡せて綺麗だわ〜。。。と
うっとりしていたら。。。

りくちゃん、こうなってました(汗)
IMG_3582-1.jpg
ワォ(汗)


あずのさくら
たんぽぽも。。。
すいせんも。。。
こぶし。。。もまだまだ頑張って春満喫。

2015.03.29 Sun 18:54
お寺のさくら〜♪
IMG_3409-1.jpg

神社のさくら〜♪
IMG_3435-1.jpg
アイナさんも元気にそらこ。

散歩道のさくら〜♪
IMG_3420-1.jpg
(違う日なので曇り空(汗))

りくちんが見ている方向が。。。
IMG_3423-1.jpg

で、昨日は前々から(笑)行ってみたかったここへ。。。
IMG_3446-1.jpg
平均年齢70歳以上というお母さん達の共同出資で運営されているお店。

単なるお食事処ではなく、すんごいポジティブな理念で運営されてます。
(興味のある方はこちらから)
2015さくら-1
(お食事の方が有名になってしまって、地元高齢者のコミュニティーという
初心にもどろうとしているところだそうだ。)

蔵らを一番有名にした
IMG_3443-1.jpg

私は光り物がダメなので、日替わりランチ。
IMG_3444-1.jpg
どちらもワンコイン(¥500)

この週末は。。。

こんなイベントも。。。

IMG_3447-1.jpg
ツーデイマーチ。きょうは午後から雨で残念でした。

歩いている人を見かけない(苦笑)町なかをリュックを背負った人(シニア(苦笑))が
いっぱい歩いてた。
蔵らで隣り合ったご夫婦(参加者)に10kmのコースを聞いたら
歩けそうだった。来年はそらちゃんと参加しよっかな。


休耕田を利用した田んぼの花畑は。。。
まだまだこんな感じ。
IMG_3414-1.jpg

ここ一面が花畑になりまーす♪
IMG_3416-1.jpg


こんな感じ〜♪
花畑


官民がんばってるそらこ地方の宣伝でした。

えっ?

何しに行ってるのか?って?

ちゃんと働いてますよ〜。
ゴミ袋の写真を見てもつまんないでしょ?(笑)


追:「蔵ら」(くらら)











2014.09.10 Wed 01:27
皆様に多大なご心配とたくさんのご協力をいただいておりました
カイトの捜索でしたが。。。。

カイト、家族の元に帰ってきましたぁーーー
IMG_0441-1.jpg

少しの擦り傷とやはり少し痩せてはおりますが、
特に痛がるところもなく、元気です。

過酷な11日間を経て、やっと家族の元に。
IMG_0436-1.jpg

何に怯える事なく、ゆっくり体と心をいやしてね。
IMG_0450-1.jpg

カイト捜索に当たりましては、保護先「収容犬を救う会」、
協力団体「アニマルハートレスキュー」のボランティアスタッフの皆様を始め、
把握できない程のたくさんの方々に、様々な形で応援していただきました。

皆様のご協力、応援なしにこの日は迎えられなかったと痛感しております。

特に、捜索班の皆様。お体は大丈夫でしょうか。
暑い日、多湿の日、雷雨の日。。。と目まぐるしい天候の変化のあった
11日間でした。その上の睡眠不足。
どうぞ、お体ご自愛くださいませ。

IMG_0447-1.jpg


今、こうして、朗報のブログ更新をしていると
11日間の出来事が走馬灯のように思い出されます。

追々、更新していこうと思いますが、先ずは無事保護
第一報をお知らせする事ができてよかったです。

短い言葉ではありますが、やはりこの言葉しかないです。

ありがとうございました。
心よりの感謝を申し上げます。

尚、情報の拡散やシェアに使っていただいたポスターの画像には
個人情報が記載されております。お手数ですが、画像の削除をお願いいたします。







Copyright © 犬との暮らし All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad